読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mouratta’s blog

うっかり半世紀生きてきて、自分がギフテッドとやっと気づいた私。

2017年となりました…(^o^)

閑・話・休・題 ギフテッドからちょっと離れておしゃべり。

 

8日ともなればもう今さら「明けまして~」でもないようなw

とはいえやはり、新年。

<(_ _)> 明けましておめでとうございます。

 

年末年始は何だかあっという間の日々でした。

う~む、もともとイベントにそう執着する方ではないのですが

やっぱりお正月となりますと。

 

本格的なのはハナからやる気はないけれど

お節…らしきものはそれなりに作ります。

特に黒豆は、意地で煮る。

何に対しての意地なのかまったく分かんないですがwww

煮豆自体好きなので、2~3日かけて作ります。

吸水させ、煮て、冷まして味を浸ませる。 

 

っていうか、売ってるのは美味しくないのよね。

新年早々、美味しくないもの食べたくない。

そりゃめちゃくちゃお高いのは美味しいですけどね。

 

黒豆は、長年どうにも不思議だったことがあって。

 

私が子供のころは、黒豆ってしわしわだったんです。

それがいつのころからか、つるん・つやつや・ふっくら…になってきた。

そりゃ~見た目はそのほうがフォトジェニックではあるけれど。

 

 

先日、糸井重里氏のサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」に

最近バラエティの出演でお見掛けする機会の増えた、

土井善晴さんが対談でご出演。 お正月なので黒豆の話題から。

「黒豆はそもそもしわの寄るもの。

 しわの寄るまでマメに暮らせるように、ということから…」

 

うわぁ!びっくり! っていうか、だよねぇ!!!

私も父からそう聞かされた覚えあったもの!

 

いまのツルツルの黒豆は「料理屋の発想」とおっしゃる。

もとはお父様の土井勝さんが工夫なさったレシピで

お母様(土井善晴さんのお祖母様)は「気に入らなかった」と。

 

ずっと、あのしわしわの黒豆は、何か記憶違いをしていて、

昔っから、もともとつるんふっくらだったのかな?

でもこれだけ含水量多いって、いくら甘くしても日持ちせんぞ?と。

実際、毎日何度か煮返すことになるのだけれど、

昔は元旦はかまどに火をいれないってのが本来だったはず…

なんて思っていたので、正月早々疑問が氷解して、幸先いいな♪

 

田づくりも得意ですよ^^ あれはコツはただ一つ。

煎りまくる! もういいかなと思っても、まだまだ!

カラッカラに水分飛ぶまで煎りあげて、一気に味付け。

 

なますはダンナが、酢が大の苦手なので作りませんw

ほんとに「なんちゃってお節」です (*ノωノ)チョットハズカシ…

 

あとはお雑煮。

我が家は関東風の鶏がらダシ、具沢山の醤油味、角餅。

具は~…鶏肉、大根、ニンジン、筍、ワラビ、フキ、苧殻、蓮根、牛蒡

    しいたけ、高野豆腐or揚げ…ゼンマイや生麩入れることもあります。

 

最近、各地の郷土色豊かなお雑煮とかって雑誌やTVの特集でさ、

北海道のお雑煮は「鮭とイクラが入ってる」みたいなの見かけますが

私が知ってる限り、昔からそんなの作ってた家なんか一軒も無いよw

海沿いの漁師さんの家ならあったのかな、でもそういう知人(漁師さん)も

「(ヾノ・∀・`)ナイナイ」って笑ってるんだよねぇ^^; 

イクラ煮えらさったら美味くないべさ。」(煮えらさったら=煮えてしまったら)

うん、私もそう思うんだよ。 

それこそ見栄えばっかり気にした「料理屋の発想」じゃないの?

・・・と、ここまで書いて思い当たった!

 

我が叔父、長年、某ホテルのシェフやっておりました。

お正月の朝食にはお節的な料理とお雑煮も出すわけですが、

お雑煮トッピングにイクラ添えたって言ってたわ…観光客喜ぶから。

そんな細かい話よく覚えてるなとお思いでしょうが、

そのイクラ、お客がご飯にかけちゃうんで困った、って話に笑えたの。

困ったっていうのは、ご飯にかける用と、お雑煮に彩り的に入れるのでは

味付け度合いがかなり違うので、それをご飯にかけられちゃうと味が…

提供側の本来目指している美味しさでは全くない。

この味がこのレストランの普通と思われては困る、ということで。

で、そんな雑煮食べてカン違いした食レポとかの影響!?

 

お雑煮については、大阪に数年住んでいた時に、

いわゆる関西風の白味噌・丸餅のお雑煮に衝撃うけました。

 

そもそも関東以北では「白味噌」ってのにあまり馴染みがなく

普通のみそを、仙台味噌や八丁味噌に比べて「白みそ」と呼んだりする。

なので「白味噌仕立てのお雑煮」と言われても

 

(´・ω・`) 味噌汁に餅ぶっこんだようなもんじゃなぁ…特別感ないし。

というような感覚でとらえちゃうんです。 

なので詳細調べようともしない。

奈良のお店でたまたま「奈良のお雑煮」出していて、

これは食べてみなければ!と頂いてみて本当によかった。

 

そして、関西の白味噌のお雑煮には、丸餅でなければダメなんです。

丸餅の口当たりでないと、あのクリーミーさが生かされない。

ああいうのって、その地に行って食べてみないとわからないこと

いっぱいありますね。

 

その地に行って、お雑煮、といえば、

どうしても香川の「餡餅雑煮」食べてみたくてお正月に行きました!w

これも話聞いただけなら絶対「無理無理無理!」って思ったけど

案外、違和感なかったです。 白味噌ってすごいなぁ。

 

でも地元の方も、

「最近は作んないわよぉ。そんな美味しいもんでもないでしょ?」

なんて笑ってらっしゃいました^^

うむ、そりゃ確かにうどんのほうが美味しかったですw 

あと、おでん。

 

関西、懐かしいなぁ。

あぁ、もうすぐ10日、えべっさんだ!

 

今年が皆様にとって良き一年でありますように^^

 

あ、そうそう!

ねぇ、黒豆に「チョロギ」って入れる?