mouratta’s blog

うっかり半世紀生きてきて、自分がギフテッドとやっと気づいた私。

9月の梅味噌ドレッシング、 十数年ぶりに作ってみた。

今日の話題は「ギフテッド」についてではありません。

 

トピック「梅仕事」について

 3カ月寝かせる、熟成梅味噌ドレッシングのレシピです♪

 

店頭に青梅が並んでいますね^^

昔、関東に住んでいた頃、ご縁があって梅農家さんのお知り合いの方に

梅狩りに毎年お声をかけて頂いておりました。

 梅農家さんがご高齢となり、体調もすぐれないの…ということで

梅林預けるから。 好きにしていい。 ただし生った実を全部取って!

その実は好きにして。 ただし全部取ってね、土と木がダメになるから。

…ということで、梅の実、取り放題w 

 

そこで教えて頂いたものです。 もう20年ちょっと前のことです。

 

その後数年間作っては友人知人に配り、それが美味しいというので

作り方を教えて、そうすると皆自分で仕込むようになり、

私自身はちょっと飽きてしまってずっと作ってなかった。

十四、五年ぶり…くらいかな、久々に作ってみました。

 

食べられるのは3ヵ月後・・・つまり9月以降!(^◇^;) 

でもとっても美味しいのよ~♪

暑い夏で体力消耗して食欲が無い晩夏初秋につよーい味方でござる。

この土日、お作りになりません?

 

 

 【3カ月熟成させて9月に出来上がり

     こっくり美味しい梅味噌ドレッシング】

 

【用意するもの】

 密封ビン(下記の量なら3・5リットル以上のもの推奨)

 カビ除け・消毒用にホワイトリカー

 (それを入れるスプレー容器)

 

【材料】

 青 梅 1kg 

(洗ってヘタをとり、ざるにあげて水を切る。)

 味 噌 1kg 

(ダシ入はダメ!赤味噌は避けた方が無難、安物でOK) 

 氷砂糖 1kg 

 

つまり青梅:味噌:氷砂糖は同じ分量(重さ)を使用します。

分かりやすいよう1kgにしましたが、800gずつとかでも問題ないです。

 800gなら2.5リットルビン以上の大きさ推奨。

※私は今回800gで2Lのビン使いましたが、

氷砂糖が入りきりませんでした(→対処法は後述)

味噌を梅層にしっかり押し込むとかでも変わってくるし、

時間が経てば嵩も減るので、手間がかかるのがお嫌でなければ

800gなら2LビンでもOKです

 

【作り方】

① 洗ってリカーを中にスプレーした密封ビンに青梅の半分を入れる

f:id:mouratta:20170612203540j:plain

② その上に味噌半量を入れ、青梅の間に押し込む
③ その上に氷砂糖を半量ばらばらと重ねる

f:id:mouratta:20170612211236j:plain

④ その上に残りの青梅を入れる
⑤ 残りの味噌を入れ、押す。
⑥ 残りの氷砂糖をいれ、リカーをスプレーし、ふたをする。

f:id:mouratta:20170612211324j:plain


ふたもリカーで消毒した方がいいですね^^

 

重ねるったって、どうすんだ?…とお思いでしょうが、

写真をご参照くださいまし。けっこうスキマありますよね、これで大丈夫。 

写真では2段に重ねる作り方ですが、3段になっても問題ありません。

 

もし最後の氷砂糖が入りきらなかったら、数日置くと上に空間があくので

その時に不足分を足してください。

私は今回2Lのビンにしたら入りきらず…(/ω\)

残った氷砂糖、ジップロックに入れてキープしています。

※2日後には大分嵩が減り、無事投入できました。

 その際は上に載せるだけではなく、味噌に埋め込むように

 した方がいいです(溶け残ることがあるため)

 で、閉める前にはしっかりリカー消毒してくださいね!!!

 

で、9月に封を開けるまで、常温の室内保存でOK。

ただし直射日光ガンガンとかはやめてね(;ー_ー)ノ

キッチンのすみっこにひっそりと寝かせておきましょう。

時々そっとビンゆすってあげてください。

 

長丁場なので、ほこり除けにビニール袋でくるんだ方がいいかなぁ。

時々フタ開けて発酵ガス逃がしてあげてください。

(リカー消毒しっかりしてたらあまり発酵しませんが、念のため)

その際、また閉めるときにはリカーをスプレーします。

 

秋の気配が忍び寄る9月にふたをそっと開け、

オタマで静かに、「しっかりと底から」混ぜて下さい。 

もういいかな、と思ってから、さらにもう数回混ぜる。

これはもう、しつこいくらい混ぜること!

でないと詰め替えた最初と最後で味が全然違っちゃう。

そしてビンやPETボトルに詰替えて冷蔵庫に保存

 

梅はしわしわですが食べられます。 雰囲気、奈良漬っぽい感じ。

果肉をそいで炒め物に使ったり、きざんでご飯に混ぜ込んだりしても

美味しいとのことですよ^^

 

 

これって梅物の中ではあまり作られる方は多くないようで

…ということはお初な方が多いかも。

ちょっと不安感あるかなと思いまして、ご参考までに。

3日ほど経ったものがこちらの状態です。

f:id:mouratta:20170615091825j:plain 

梅からエキスがしみ出てきて、氷砂糖もじわじわ溶け。

この後、梅と味噌がゆっくり下に沈み、エキスが上に溜まり、

二層分離の状態に進んでいきます。

エキス部分はどんどん色が濃くなっていきます。

 

※ 3カ月経ったころ、どんな風かまたUPします(^o^)/

  教えた友人の中には半月位でもういいんじゃない?と

  切り上げて使いだす人もいます。 食べられますよ^^  

  ただやっぱりちょっと旨みとかコクは弱いようです。

  さっぱりしたものがお好きならそのほうがいいかもです。

 

 

※ 6月21日追記:9月に出来上がり、PETボトルなどに詰めかえて

  冷蔵庫に保存、と書いた部分で、一応念押しではありますが。

  詰め替え容器はしっかり洗って乾かした清潔なもの、あるいは

  リカーなどでちゃんと消毒したものを使用してくださいね!

  フタも消毒してね! ということで。

  大前提ですが、作業前には長い髪はまとめて、手をきちんと洗って

  衛生には十分ご注意くださいね。

  

 

密封ビン、今はなんかオサレになったなぁ…(゚д゚)!

 

 

でさ、密封ビンって問題はこのパッキンなのよね。

こういうリペア品がなかなか売ってない!

  

昔作ってた頃は、この赤いプラスティックのフタのが定番w

あ、これは密封ビンじゃないのか、 このタイプでも問題なく作れます。

一番大量に作ったころは、この赤い蓋のビン8Lのがゴロゴロしてましたw