mouratta’s blog

うっかり半世紀生きてきて、自分がギフテッドとやっと気づいた私。

同居人がインフルエンザ罹患! どう対応する?(前編)

昨年末ダンナが18年ぶりの重症インフルエンザに

罹患したお話しを先日書いたわけですが。

 

1. 28日       朝 38℃の発熱で発症

2. 29~31日    高熱継続

3. 31日深夜     解熱(37度台前半)

4. 元旦        平熱

5. ~3日       快復期 

 

・・・という経緯をたどりました。

今思えば27日夜に妙な咳はしてたのです。

その時点で気づいていたら…って、病院閉まってるしw

まぁ…結果、どうにもならんかっただろうな、と。

 

で。 まだまだインフルエンザは猛威を振るいそう。

自分の覚書き的にではありますが

役にたったもの、備えておくべきと思ったもの、

有った方がいいのかなぁーと思ったもの、色々。

 

 

1. 28日    朝 38℃の発熱で発症 

2. 29~31日 高熱継続

 

ここではもちろん体温計 そして冷却モノ準備。

 

だが実は、まず真っ先に準備すべきは、ノートorメモ帳。

これに、何日何時何分に何度の熱があったとか、

薬の服用(薬名、何錠)食事の有無、水分摂取量、

何か欲しがったものはあるか、なにか冷却方法とったか、

他に、嘔吐したかどうか、お手洗いの回数とかまで含めて

経過を書き留めておくと、後々ものすごく役に立つ。

自分が臥せった時に、何が必要か、どう行動すればいいかを

看病する側にも伝えやすいわけで。 まぁ、カルテだね。

最低限、熱の状況と服薬状況はそれぞれページを定めて、

日付・時刻を忘れず書いておく。

ページを定めるってのは、あちこちページをめくらず一目で把握できるようにという意味です。

※キレイに書かなきゃってことでは無いです、あくまでメモ書きとして 後から判別できればいいので、きちんと書かなくちゃ…とかってプレッシャー感じないでくださいねw 大事なのは「覚書き」として残しておくこと、ラフに書いてて全然問題ないですよー。

 

 

 

 

インフルの高熱はだいたい3~4日で解熱するようですが。

熱が40℃越すようなら救急搬送も視野に入れておいた方が

いいと思います。 

今は多くの地域で ♯7119で電話かけると救急車呼ぶべきかどうか、

専門家がアドバイスしてくれるシステムがある。

この場合、いつからこういう状態か、今に至るまでの経過、

今の体温と呼吸の状態、意識レベル、応答の状態、嘔吐の有無、

服用した薬の内容と時刻、もし計れるなら血圧・脈拍くらいまで

伝えられると先方はものすごく判断しやすいと思う。

特に薬の情報は、子供の場合すごく重要。

だからまず、ノート・メモ、大事!

 

 

体温計だが、今回ちょっと反省した。

というのも、表示液晶数字のデカいの買って、それはそれで

見やすくていいんだけど、いちいち脇の下にはさませるのが

ものすごく辛そうだったのですよ。

子供用と思ってたけど、耳でピッって計るタイプの体温計

高齢者にも使いやすいかな、買っとこうかな。

「送料無料」ってホント胡散臭いわw めっちゃ高いwww

 

市販の冷却枕は使えるくらいに冷えるまで時間かかります。

普段から1つは冷凍庫に入れといた方がいい。

もしケーキ買ったときの保冷剤が冷凍庫にいくつかあるなら

それをビニール袋に入れて(ジップロック推奨:丈夫で平ら)

タオルでくるっと巻けば簡易冷却枕になります。

 

よく使われる冷却シート…冷え何とかとかデコデコ何とか。

インフルレベルの発熱にあんなもん役に立ちません。

そもそも額を冷却するイメージのパッケージや名称、正気か。

それが有効な解熱方法という誤解を与えるだろうよ。 

百歩譲って貼った瞬間の気持ちよさは認めないわけではないが、

以前、子供が剥がれたシートで窒息事故起こしてることもあり。

私はあれさえ貼ればOKって思い込みは危険だと思う。

 

 

そしてこの時点で、解熱剤、飲料水、食料の準備

 

解熱剤は病院に行けるならそこで処方してもらえばいいが

OTC薬で済ませるなら自分の体質に合ったものを。

OTCはドラッグストアなどで処方箋無く買える市販薬)

普段から薬箱に常備しておきましょう、鎮痛解熱剤。

 

今回、うちのダンナはアスピリンを服用できない人なので

イブプロフェン使用。 よく効きました。

だが私はこのイブプロフェンどうも相性が良くない。

アスピリンは気分よく効くのだが、こっちは・・・

何というか、効くことは効くけど体質に合わない感じ。

と思ってネットで調べてみたら、私が激烈な光過敏症状を

起こすケトプロフェンとよく似てる物質だと分かった。 

(;゚Д゚)ギョエ!

 

 

イブプロフェンは紫外線吸収が非常に弱く」Wikipedia「イブプロフェン」項目より。 最終更新 2017年11月19日 (日) 13:53 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。

光過敏症状はめったに起こさないらしいが(症例報告はある)、

何か感じてた違和感はこういうことだったのかも。

確かに昔風邪ひいたときに処方された「ブルフェン」も

飲んだ後の気分がダメで、私にしては珍しく残した。

 

ケトプロフェンを含む湿布薬で光過敏症状起こした方は

注意なさってください。

医者もこの辺りまで考えないで処方箋書くの多いから。

そもそも医者って薬についてそんな詳しくない。

医薬分業って言葉もあるくらいでねw

薬剤を深く勉強している薬剤師って専門家がいるわけで。

 

薬に関して不安なことやアレルギーの確認は薬剤師さんに

相談する方がよっぽど時短で確実。

処方箋持ってった薬局で、これヤバイとなれば薬剤師さんが

処方した医師に連絡して変更進言してくれるよ。

お薬手帳にアレルゲンとか、しっかり書いときましょう。

 

飲料水 これはもう、ポカリかアクエリアス

できることなら粉末タイプ推奨。

長期保存が効く、保管スペースあまりとらない、

そして濃度調節が出来る!・・・が、利点。

高熱に浮かされてる状態ではほぼ食事もとれないし、

カロリー補給の意味でも通常濃度でOKですが、

回復して来たら、通常よりかなり薄めでいいと思う。

なんたってすごく糖分入ってるからねー。

合成甘味料のタイプはこういう状況ではおススメしない。

 

他にお勧めできるとしたら、

リンゴジュース、グレープジュース。

状況によって100%を少し水で薄めるのもアリ。

オレンジ等の柑橘系は刺激強いので止めた方がいい。

 

食料は消化の良いもの、のどごしの良いもの。

具体的には すりおろしたリンゴ。 かなり緩めのおかゆ

葛湯(熱々ではなく常温に冷ました方がいい、おかゆもそう)

今回は葛湯(↓これ)がとても好評だった。冷めても美味しい。

mdinfo.jccu.coop

 ゼリーはゼラチン製ならいいけど、寒天系は消化しにくい。

(だからこそダイエット食になるわけで)

 

 

枕元にティッシュペーパーと、やや忘れがち、小ゴミ箱。

 

入院時にもティッシュペーパーは何かと重宝で、

枕元に必ず置かれるものですが、何故かティッシュゴミを

捨てるのは、床に置いてあるゴミ箱…だけだったりする。 

ビニール袋をテープで手の届くところに固定するとか

安定性のある小さなプラ箱をティッシュと一緒に置いておくとか

(その際はビニール袋セットして捨てる時は袋ごと捨ててね)

これだけでも患者の負担がかなり減る。

 

ハンド、あるいはフェイスタオル。

 

咳、クシャミ、感染の素をブロックしてもらえたらイイですね。

もちろん完全ではないけれど、無いよりはずっとまし。

まぁ、使えないほど具合悪い場合もあるので、

使えたらラッキーくらいの気持ちでw

 

 

 

で、熱が高いと寒気もひどいわけで。

普段も使ってるけどさらに大活躍だったFashyの湯たんぽ。

なんか去年に比べてすごい安いの出回ってるけど

ちょっと用心した方がいい気もする・・・(^_^;)

カバーついてないとか偽物だったりとか。

フタ部分の造りが粗雑な偽物もあるみたいなのでご用心。

 

 

で。 リネン類は汗かいたりしたら頃合いをみて替える。

お洗濯の際は除菌対応推奨。

これは前回書いたけど、漂白剤とか使ってね。

 

家族がインフル罹患したけど、絶対うつりたくない!

・・・という場合は こちら がご参考になるかもしれません。

 

次回は解熱以降にの対応、何が良かったか、後編。

皆さまくれぐれもご自愛ください<(_ _)>