mouratta’s blog

うっかり半世紀生きてきて自分がギフテッドとやっと気づいた私。

幾つになっても「初めて知った!」は、大事w

オリンピックが今夜終わる…

 

終わってみれば、過去最高獲得数のメダル。

自国開催ではないものの、韓国は隣国。 

時差がないって、アスリートのパフォーマンスには

考えられてるよりずっと有利なんだろうか。

 

そして競技の種類の増えたこと。 

1972年の札幌オリンピックの時は、花形はアルペンスキー

回転とか大回転とか滑降だった。 

フィギュアスケートは、華やかなフリー演技の他に

今は消滅したコンパルソリなんてものもあったりして。

スキーは今もすごいけど、ボードもスケート系も凄いので

相対的に見ると注目比率が下がった気分になっちゃった。

 

で、カーリングですよ、もう(^O^) すっごくハラハラ。

北海道は結構なじみがあり、ファンも多い。

そしてびっくり。

 

例の 「そだねー!」

(;゚Д゚) ほ…北海道方言なんですか???

 

 

知らなかった、関東東北再び関東、関西、九州、

20年くらいで渡り歩いていたのだけれど、

ついぞ気づきませんでした! 

 

(。´・ω・)? ねぇそれホントに北海道弁なの? そなのー?

( ̄▽ ̄)  そだねー!

(゚д゚)!  そっかー!そなんだー!そなのー!

 

 

・・・って感じの会話があちこちでなされたような気がしますw

ちなみに、「疑問のそなのー?」と「納得のそなのー!」は

びみょーな語尾の高低が区別のポイントです。

…大して重要ではない北海道弁講座でございました<(_ _)>

 

 

いやしかし、前回のソチでは浅田真央選手の、

神がかり的なフリー演技が終わり、万感の涙の後の

本当に、本当に、花が咲いたかのようなあの笑顔といい、

今回のカーリングのお嬢さんたちのキラキラした笑顔といい、

心からの笑顔は人を幸せにしますねぇ…( ̄▽ ̄)

 

そういうことって、若い時にはよく分からなかったけど

年齢重ねると、しみじみ理解できるようになった。

私もたぶん、昔、いつの頃かに気付いたのだと思う。

若い時は、常に喧嘩売ってるような目をして生きてた。

一体、何と戦っていたんだか(+_+)

 

戦う相手は、案外自分自身だったりするのよね。

そのことも、結構な年齢になってから、

「初めて知った!」ってことの一つだったように思う。

 

そんなこたぁ分かってる、って思ってることも

実はそんなに分かってないことの方が多いのよね。

「そっかぁ、私、今初めて分かったわ…」

そういう謙虚さも大事にしていかなくちゃと思います。

 

え? もしかして…

「そっかぁ」も北海道方言だったりする???www

そなのー??? (←もういいw)