mouratta’s blog

うっかり半世紀生きてきて、自分がギフテッドとやっと気づいた私。

自分でビックリしてる、一周年。

最近はもうグズグズなんですが…(´・ω・`)

基本的には毎週日曜日に更新したいなぁと思ってます。

 

でも昨日はちょっと見送って、今日。

何故かというと…一周年。

はてなからこんなメールが届くのね♪

 

f:id:mouratta:20170828132008j:plain

1年経ったんだ…。

 

 

このブログで私は「ギフテッド」について書き記しています。

もちろんそれ以外のことも(そのほうが?w)多いのですが。

Wikipediaの記載内容をお借りして、

自分なりに考えたことをつらつらと書く間に

自分自身を手当てしているのだなと感じるようになりました。

  

苦痛だったこと、痛手だったことに向き合ってしっかり考えるって、

ほとんどの場合、さらに傷口をえぐることになります。

塩をもみ込まれるよな激痛の予感に怯えます。

それが怖くてその多くの傷を放置していたのだけれど、

そのままでいても、良いことないんですよね。

 

例えると、かさぶたをベリッと決死の覚悟でひっぺがし、

その痛みに耐えつつ、傷口を清潔な流水で洗って湿潤療法パッドを貼る、

ってな感じでしょうかね。

 

でも傷パッド貼ったからって、瞬時に完璧に治るわけではない。

やっぱり時間はかかるし、経過観察は欠かせないし、

もしかしたら炎症起こして療法中止しなきゃならない状況になったり、

100%完璧に「治る」わけではなかったり。

 

それでも。

傷の手当てをせずに放置して苦痛に耐え続けてるとか

何か痛いけど傷があるなんて気づかないままでいるとか

そもそも何でこんな傷があるの? 

私、何でいっつもこんなケガするんだろう…?

…てなことに気付くだけでもずいぶん違ってくるのではないかと。

そこからどうするかは、

自分で考えて進んでいかねばならないのですが。

  

何度も書いていますが、私は、

・・・なんで「ほったらかされていたのか」

とても残念に思ったからです。(腹を立ててはいません)

 

そうして何よりも

「同じ苦しみを抱えている人がいるはず、大人も子供も。」

と思ったからです。

 

誰かのお役に立てるかどうかはわかりません。

でも

こういう人、いるんだ!

同じような人、いるんだ!

と気づく方がいらしたら…それで楽になる方がいらしたら…

 

ということだけでこのブログを始めました。

 

 もし、どなたかのお役に立てているのだとすれば、

本当に、本当に…嬉しいです。 それが目的でしたから。

 

ただ、私は単なる案内板でしかありません。

自分自身の成長の過程で感じ続けてきた「違和感・等々」

その根本が何であるのかを認識する助けになるかもしれない案内板。

その向こうには、「あなたの世界」が広がっています。

そこからどんな道をたどるかは、あなたの物語です。

 

私は案内板以上の役割は一切しません。 できません。

診断も、治療も、私の仕事ではありません。

ただただ、私にできることは、

この案内板を充実させていくこと、そう思っています。

 

このインターネットという広大な世界の中で、

この案内板がどなたかのお役にたちますように。

そして世の中が、少し生きやすくなりますように。

 

これからも、ぽつりぽつりと続けていきます <(_ _)>